▼クリックすると詳細ページへ飛びます▼

こんなことに悩んでいたらフレーバーシェフがオススメ

みじん切りが上手く出来ない
毎日の料理を手早くしたい
食材の素材を生かした調理がしたい
人が包丁をつかったような均一な仕上げ
プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

マルチフードプロセッサー「フレーバーシェフ」豪華18点セット内容

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

フレーバーシェフ本体、メイジャー(フタ、プッシャー)、ブレードベース、タンブラー、ミルカップ、専用キャップ2個、ミックスブレード、チョッパーブレード、生地ブレード、おろしブレード、千切ブレード、スライスブレード 、マルチブレードディスク、バキュームベース、フードセーバーケース、フードセーバーバッグ(S/M/Lサイズ各1枚)、レシピブック

フレーバーシェフってどんなの?気になる特徴をまとめ

アタッチメントを付け替えるだけで1台で10役をこなします。

きざむ、まぜる、千切り、スライス、チーズおろし、砕く、すりつぶす、ホイップ、生地作り、真空パック

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

スピードの調節も可能

・2段階から選べる低速、高速の運転切り替え。
・運転時間で様子を見ながら細かな調理が出来ます。

オシャレでコンパクト

お札2枚分(幅15cm×奥行14cm)と、わづかなスペースに置けてスタイリッシュ!またデザインも良いのでキッチンに出しっぱなしにしても気になりません。

プロセッサー,フレーバーシェフ,ダイレクトテレショップ

Yahoo!知恵袋や教えてgoo

フードプロセッサーとクッキングカッターの違いがわかっていません。 またジューサーとフードプロセッサーとの違いもなんです。 いずれも材料をカットして混ぜるという機能という認識です。 活用シーンも含め違いを教えて下さい。
ミキサー、フープロ、ジューサー、ミル、クッキングカッター、ブレンダーいずれも本当のところは変わりません。 刃がついていて材料を細かく砕く道具。 その砕き方に違いがあります。 ジューサーは名前の通りでジュース作るわけです。 液体と混ぜるのが前提。 細かく砕けます。 ミルはもっと細かくできます。 基本乾燥した材料専用です。 後は言い方の違いだけです。まあとにかく有ると便利です。 できたらステンレス製のがおすすめです。プラスチック製のはダメですね。

 

どうやって使うの?フレーバーシェフの使い方

各アタッチメントを組み立ててから使用しますが、限度容量のラインを超えないようにしましょう。

材料の下ごしらえの注意点

・材料の皮やしん、種、ヘタなどはあらかじめ取り除きましょう。
・かたい材料は1cm角に切り、柔らかい素材の場合には2~3cm角に切りましょう。
・40℃以上の熱いものは冷ましてから入れましょう。
・スムージーなどで氷を砕く場合は1,5cm角以内にして、市販のロックアイスなどは使用できません。
・書くようにの限度容量のメモリを超えて使用すると故障の原因になります。
・チョッパーブレードで牛や豚肉を使用する場合には2cm×2cm×6cm以内に切る。

材料を入れる順番

①液体(牛乳など)
②やわらかい素材(バナナやリンゴなど)
③かたい素材(角氷や人参なそ)

▼クリックすると詳細ページへ飛びます▼


おすすめの記事