家庭用エアコンプレッサーのエアホークプロ。
正式な品名は、エアホークプロAH001です。

充電式なのもありダイレクトテレショップさんのテレビ通販でも大人気!
テレビを見て気になっているけど、自分に使えるのか心配?また詳しく知りたい。
そんなエアホークプロの購入前に知りたい情報や注意点、またよく聞かれる質問などもまとめてみました。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

▼クリックすると詳細ページへ飛びます▼


エアホークプロの充電方法

①バッテリ一パックの差込囗に充電用ACアダプターの端子を差し込んでください。

②続いて充電用ACアダプ夕ーの電源プラグを、コンセン卜に差し込んでください。
充電用ACアダプ夕一の充電ランプが赤色に点灯し充電を開始します。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販
充電が完了すると緑色に変わります。
※充電時間の目安はおよそ3,5時間です。

③充電ランプが緑色に変わったら、コンセン卜から充電用ACアダプ夕一を抜いて、バッテリーパックから端子を外してください。
※バッテリーパックを長持ちさせるために5時間以上充電をしないようにしましょう。

エアホース及びア夕ッチメントの取り付け方法

〇エアホースの取り付け方
写真のようにエアホースのコネクターの開いているカギマークが上にくるように本体にはめ込みます。
次に閉まっているカギマークが上にくるように時計回りに回します。
力チッとなればホースがロックされます。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

(注)閉まっているカギマークが上にくるまで最後までしっかりと回してロックしてください。
正しく接続されていない場合、空気が漏れてしまい正しく注入されません。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

〇ア夕ッチメントの取り付け方
浮き輪やボールなどア夕ッチメン卜が必要な場合には、エアホース先端に差し込み、時計回りに止まるところまでしっかりと回して装着してください。

③バッテリーパック及びカーアダプ夕一の着脱方法
〇バッテリーバック及びカーアダプ夕ーの取り付け方
本体の底へ力チッと音がするまで、しっかりと押し込みます。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

〇バッテリーパック及び力ーアダプ夕ーの外し方
両サイドにあるボ夕ンを押しながら、下方向へ取り外します。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

カーアダプターの使用方法

車載のシガーソケッ卜にシガープラグをまっすぐ差し込んでください。
差し込むことで電源が供給が開始されて使用することができます。
差し込んだまま使用してください。
また、バッテリーあがりを防止するため、車の工ンジンをかけて使いましょう。
(注)エアホークプロはDCー2V車専用に作られていますので、DC24Vの車種では使用できません。
(注)力ーアダプ夕ーで充することはできません。

⑤エアホークプロの操作バネルの操作方法
(注)本表示はkPaです。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販
どう見てもHPaにしか見えませんが、この表示がkPaなので圧力設定の際は注意してください。
電源が入ると液晶画面に接続先の圧力値が表示されます。
(※圧力値が30kPa/5PSI/0,3bar以下の場合は0が表示されます。)

圧力単位切替ボ夕ンを押すと圧力単位が切り替わります(kPa→PSI→bar→kPa…の 順。)

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販
任意の圧力単位に設定後に、+ボ夕ンと-ボ夕ンで指定圧力を設定してください。
圧力を設定した場合には、指定圧力に達すると自動で注入が停止します。
※表示されている数値は目安で高呉差があります。
※圧力設定をしなくても動作は可能です。(浮き輪などの膨らむビニ一ル製品に空気を入れる場合)

(注)約30秒問なにも動作がない蠣合には、電源が自動的に切れます。
その後使用する場合には、電源ボタンを押してください。
(注)量源が入っている時にしか圧カ単位は変えられません。

⑥エアホークプロ空気の注入方法

〇タイヤやボールに空気を入れる壇合
①夕イヤ等の正規の空気圧をまず調べてください。
②エアホース/ア夕ッチメン卜とタイヤやボールなどに確実に接続していることを確認します。
※米国式バルブの時は、エアホースを直接つないで使えます。
③操作パネルを操作し指定圧力を設定してください。
④卜リガーロックをスライドさせて写真ようにこロックを解除してください。
ロックがかかっている状態

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

ロックがかかっていない状態

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

⑤卜リガーを押すと空気の注入が始まります。
指定圧力に達すると自動で停止します。
※指定圧力を設定しない、または途中で止めたい場合は卜リガーをもう一度押すと止まり ます。
⑥設定値に達し自動で止まった場合は、もう一度トリガーを押して、それからエアホース /ア夕ッチメン卜を取り外してください。
※卜リガーを押さないで外した場合、センサーが働いて、外すと同時に再度動作します。
⑦使い終わったら、誤動作防止のため卜リガーロックをスライドさせ、ロックをかけてください。
(注)正確な空気圧は市販の圧力計等でご確認ください。
エアホークプロの圧カ値は、あくまで目安です。

適正な空気圧の調べ方

自動車⇒主に運転席のドアを開けた下部分に記載されています。

自転車⇒主に夕イヤの側面に記載されています。

ボール⇒主に空気注入口の周囲に記載されています。

※ご不明な場合はそのタイヤやボールの販売店にお問い合わせましょう。

○浮き輪などの膨らむビニ一ル製品に空気を入れる場合
ビニ一ル製品等(空気圧の低いもの)に空気を入れる場合には、約30秒で自動停止します。
再度電源ボタンを押して動作させてください。
①アタッチメントと浮き輪やボールが確実に接続していることをご確認ください。
②卜リガーロックをスライドさせて解除して、卜リガーを押してください。
空気の注入が始まります、トリガーをもう一度押すと停止します。
③ビ二ール製品は適正空気圧が決められていないものが多いので、圧力は指定せずに自分で膨らみ加減を見ながら破裂しないように注意して空気を入れましょう。
④使い終わったら、誤動作防止のため卜リガーロックをスライドさせ、ロックをかけてください。

(注)10分以上の連続運転は過熱防止のためヤメましょう。
漣続して使う場合には、30分程度休憩して、エアホークプロ本体が冷めてから再開してください。
(注)ご使用中は絶対に本製品か離れないでください。
(注)浮き輪やボールが破裂すると危険なので空気の入れ過ぎに注意が必要です。

エアホース、ア夕ッチメントの収納

エアホースとア夕ッチメントを本体の指定された箇所に保管してください。

本体の上に取り付けると、なんだかちょんまげみたいですね(^_^;)

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

グリップ下には、浮き輪やボール用のアタッチメントが収納できます。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

バッテリーパックについて

○当社指定のパッテリ一パック以外を使わない。
改造したバッテリーバック(分解して内蔵部品を交換したバッテリーパックを含む)も使用しない。

〇バッテリ一バックは、火ヘの投入、加熱をしない。
発熱や発火、破裂のおそれがあります。

〇本体または充電用ACアダプ夕ーからはずした後は、バッテリーパックにカバーを必ず取り付ける。
取り付けないと端子が短絡して発火のおそれがあります。

エアホークプロ,ダイレクトテレショップ,使い方,通販

〇就寝中ゃ留守中の充電はしない。

エアホークプロを長持ちさせるために

〇バッテリーパックは使用後、充電しないで保管してください。

〇使用時以外は、ホコリの付着や落下防止のためカバーを取り付けましょう。

○端子部に異物が付着している場合は、取り除いてください。

バッテリーパックの寿命

○寿命の目安/処置
フル充電しても初期の半分程度の作業しかできないときは製品寿命です。
指定のバッテリーパックをお買い求めください。

バッテリーパックの中の蓄電池のみを交換したリサイクル修理品は使用しないでください。
事故や故障のおそれがおります。

〇リサィクルについて
エアホークプロに使用しているリチウムイオン電一池は、リサイクル可能な貴重な資源です。
ご使用済みバッテリーパックは再利用しますので廃棄しないでリサイクル協力実施の電気店やスーパーなどの専用回収箱ヘお持ちください。
(バッテリーパックは短絡防止のため端子部に絶縁テープを貼ってください。)

バッテリーパックの保管及び再使用

保管の前に⇒充電せずに保管

再使用の前に⇒フル充電

さいごに

今回はエアホークプロの使い方のポイントを解説しました。
あなたの購入前の不安が解消されれば幸いです。

▼クリックすると詳細ページへ飛びます▼



ダイレクトテレショップさんに聞いたのですが、最も質問が多いのは仏式に使えるのか?という質問のようです。
仏式のアダプターは、残念ながらエアホークプロには付属していません。
ですが、仏式⇒米式に変換するバルブアダプターを用意すれば同じように使うことが出来ます。
試しに購入してみましたので取り付けてみました。
実際に取り付けるとこんな感じです。

無くても大丈夫なのですが、あると便利なものがタイヤの空気圧が点検できる空気圧計

おすすめの記事