日頃からお掃除をもっと楽に、そしてもっと快適にしたいと考えている方もいるはずです。そんな方におすすめなのが、H2Oスチームユニオン。

粒子の細かいドライスチームをさっと噴射するだけで、素早く汚れを落とせるとして評判の高いクリーナーです。
そこで、H2Oスチームユニオンのメリットやデメリットについて、ここでは詳しく見てみましょう。

まずはH2Oスチームユニオンの基本性能をチェック!

H2Oスチームユニオンは、約110℃にもなる高温高圧スチームによって、室内での掃除や洗濯などあらゆるシーンで幅広く活躍します。
その秘密は「スマートモーターシステム」と「ウルトラボイラー」、そして約30パターン以上にも及ぶ附属アタッチメントの使用法にあります。
まず「スマートモーターシステム」によって、軽量でコンパクトな製品ボディを実現。女性やお年寄りの方でも、楽々スムーズに扱うことができます。
さらに強力ジェットスチームを生み出す「ウルトラボイラー」を内蔵しているので、頑固な汚れでも効率的に除去することが可能です。
そしてH2Oスチームユニオンの最後の決め手は、何といっても附属アタッチメントのバリエーションの豊富さ。
ジェットノズルやアングルノズルをはじめ、ナイロンブラシやワイパーツールなどまでそろえ、さらにマイクロファイバーパッドや衣類生地用パッド等も附属しています。
これらを自由自在に組み合わせることによって、約30パターン以上ものクリーニング方法を可能にします。
もちろん取り付けも簡単なので、掃除や洗濯をしたいスポットや対象物ごとに、いつでも素早く便利に対応できます。

H2Oスチームユニオンの具体的なメリットは?

H2Oスチームユニオンの特徴は、粒子の細かい高温高圧スチームを均一かつスピーディーに噴射して、少ない労力で効率的にクリーニングできる点にあります。
これこそまさに、H2Oスチームユニオンにおける最大のメリットと言えるでしょう。

例えばお台所の換気扇やコンロなど、しつこい油汚れが目立つ箇所などは、H2Oスチームユニオンの高温高圧スチームによって、楽々スムーズに汚れを落とすことが可能です。
もう今までのように、タワシやクレンザーなどで無理に擦り落とす必要はありません。またアイロンスチーマーとして、衣類や寝具のシワを簡単に伸ばすこともできます。

なおスチームは細かい粒子なので、布製品をびしょびしょに濡らすこともありません。
このように粒子の細かい高温高圧スチーム機能が、H2Oスチームユニオンの用途に幅を持たせ、大きなメリットへと結びついています。

H2Oスチームユニオンにデメリットはあるの?

快適なお掃除や洗濯を可能にするH2Oスチームユニオンですが、他方でデメリットについても、口コミなどでは目にすることができます。
その中でもよく見られたのが、本体が重いという意見でした。
これはH2Oスチームユニオンが旧タイプに比べて、さらにタンク容量を大きくしたことに起因します。特に力の弱い女性やお年寄りにとっては、片手で持つのもやっとかもしれません。
ただしこの点については、予めタンクに入れる水量を減らすなどの対策が考えられ、完全に解決不可能なデメリットではないので、それほど心配する必要はなさそうです。

おすすめの記事