通販で購入できるエアコンプレッサーは数多くありますが、中でもコードレスで人気が高いのが「エアホークプロ」です。
手軽で便利に使用できるので購入を検討しているものの、具体的なメリットやデメリットが分からず躊躇しているという人も多いでしょう。
購入後に後悔しないためにも、事前に特徴を正しく知っておくことが大切です。
エアホークプロは普段の生活の中で活躍する機会も意外と多いので、基本的な情報とともにメリットやデメリットについても詳しく見ていきましょう。

エアホークプロってどんな道具なの?

エアホークプロは電動のエアコンプレッサーの一種で、販売元によるとアメリカでは発売から約3ヶ月で160万台以上を売り上げるほどの大人気商品です。
ボタン一つで強力な風を送り出し、様々なアイテムに空気を入れることができる道具です。
アダプターやアタッチメント、収納バッグなどの付属品が全て揃っており、空気入れが必要なシーンでは大活躍してくれるでしょう。
「エアコンプレッサーなんて使わないし…」と思っている人も多いでしょうが、家の中で空気入れが必要になることは意外と多いのです。

例えば車や自転車、バイクのタイヤの空気が抜けてしまったらどうしますか?
もちろん販売店まで持っていけばすぐに対応してくれますが、毎回空気入れのためだけに出かけるのは面倒ですし、費用がかかることもあります。
この点、エアホークプロがあれば多少の空気抜けなら自分ですぐにカバーすることができるのです。

気づいた時にサッと空気を入れられるので、外出直前に「空気が抜けてる!修理に持って行かないと」と焦る必要もありません。
また、子供がいる家庭ではサッカーボールやビニールプールなどを持っていることが多いですが、こういった遊び道具にもエアホークプロは役立ちます。
ふにゃふにゃに空気が抜けたサッカーボールもあっという間に元通りになり、ビニールプールや大型浮き輪なども親が息切れしながら苦労して膨らませる必要もありません。
サッと空気を入れて準備してあげれば、子供たちも大喜びすることでしょう。
このようにエアコンプレッサーは意外と役立つシーンが多いので、1台持っておいて損はない道具と言えるのではないでしょうか。

エアホークプロのメリット

エアホークプロには、主に「簡単に空気入れができる」「軽くてコードレス」「空気圧の自動調節が可能」という3つのメリットがあります。
言うまでもありませんが、自分で作業することなく機械が全て必要な空気を入れてくれるため、疲れることもありません。
エアホークプロが1台あるだけで乗り物から遊び道具まで全てに空気が入れられるため、それぞれ専用の空気入れをいくつも持っておく必要もないのです。
強力な風を送り込むため短時間で作業が完了しますし、人の力では入れられないようなものにまで問題なく空気を入れることができるので非常に便利です。

また、電動のエアコンプレッサーとしては珍しくコードレスに対応しているため、コンセントがない場所でも作業が可能です。
1kg未満という軽さのため、女性でも問題なく使うことができます。
収納バッグに全ての付属品を入れて持ち運べるため、自宅以外へ持って行って作業するのも簡単です。
車にあるシガーソケットから充電できるアダプターも付いているので、屋外で充電切れになっても焦る必要はありません。
最後に、空気圧を自動調節してくれるというのも大きな魅力です。最初に希望する空気圧を設定しておけば、それに達した時点でエアホークプロが自動で止まってくれるため、空気入れに慣れていない人がパンクさせてしまう心配も低いです。
ただ、完璧に計測できているわけではないので、誤差が生じては困るという場合は市販の計測器を準備しておきましょう。

エアホークプロのデメリット

メリットの多いエアホークプロですが、一方でデメリットもあるので注意が必要です。
エアホークプロのデメリットとしては、「仏式バルブは使用対象外」「音が結構大きい」「稼働時間が短い」という点が挙げられます。
まず仏式バルブについてですが、これはフレンチバルブとも呼ばれるもので、クロスロードバイクなどスポーツタイプの自転車などに多く採用されているバルブです。
一般的な自転車のバルブと比べると細長くて華奢なシルエットをしており、非常に高い空気圧に耐えられる設計になっています。
その特殊性から、仏式バブルには専用の空気入れが必要になることが多く、エアホークプロもそのままでは使用することができません。
クロスロードバイク用に購入しようと思っている場合は、注意しておきましょう。
ただ、仏式バブルはアダプターを付ければ他の空気入れとの互換性を持たせることもでき、エアホークプロも仏式アダプターがあれば使うことができます。
仏式アダプターは300円程度で購入できるので、使う予定があれば忘れずに準備しておきましょう。


音の大きさについては、電動エアコンプレッサーであれば多少は仕方のない部分でもあります。
電動工具はいずれも音が大きいものが多いですが、エアホークプロは空気を入れるだけなので長時間使うこともありませんし、夜中に使う機会も少ないので過剰に心配する必要はありません。
LEDライトが付いているので夜中に使うこともできるのですが、近所迷惑を考えてできるだけ日中にサッと使っておくようにしましょう。


稼働時間の短さですが、エアホークプロは約3時間から4時間の充電で10分間の連続使用が可能です。
時間的にはかなり短いですが、一般家庭で空気入れが10分以上必要になるケースはほぼ無いので、それほど気になるデメリットではないでしょう。

アタッチメントには要注意!

エアホークプロはタイヤやボールなど様々なアイテムに使用することができますが、全て同じように使えるわけではありません。
使用するアイテムに応じて適したアタッチメントがあり、タイヤ用とボール用、ビニール製品用の3種類に分かれています。
用途と異なるアタッチメントを付けて使用すると、空気がうまく入らなかったり故障の原因になることもあるので注意してください。
また、タイヤ用アタッチメントに関しては、対応しているバブルが限定されます。
英国式及び米国式バブルのみ使用可能であり、仏式バブルのタイヤは専用の変換バブルがないと使用できません。
一般的な自転車や車、バイクであれば問題なく使用可能ですが、念のため使用前にバブルの形状を確認しておきましょう。

エアホークプロが1台あるとかなり便利!

エアホークプロは、コードレスで軽いという特徴を活かし、どこにでも持ち運べる便利な電動エアコンプレッサーです。
家庭内はもちろん屋外でも外出先で使うこともできますし、友人知人に気軽に貸してあげることもできます。
タイヤ以外にもボールやビニールプールの空気入れも可能であり、子供がいる家庭でも大いに活躍してくれるので重宝するでしょう。
空気入れに慣れていない人は適切な空気圧にするのが難しく、うっかりパンクさせてしまうことも多いのですが、エアホークプロなら空気圧の自動調節機能が付いているのでそんな心配も不要です。
専用の計測器のような正確さはありませんが、家庭で空気を入れる分には十分役立ちます。
使用できないバブルがあったり音が大きい、稼働時間が短いなどの難点はありますが、いずれも工夫すれば問題なく使用できるので安心してください。
このように、幅広いシーンで役立てることのできるエアホークプロはとても便利な道具です。
いざ空気が抜けてから慌てて購入しても遅いので、前もって家庭に1台準備しておくと安心ですね。

おすすめの記事