▼クリックすると詳細ページへ飛びます▼

こんなことに当てはまるならエアーコンディショニングシステムウェスタがオススメ

  • 部屋の空気をきれいにしたい
  • ウイルス対策に加湿器がほしい
  • 除菌できる空気清浄機をさがしている

ハイブリッド式加湿器,ウエスタ,ダイレクトテレショップ

エアーコンディショニングシステムウェスタの口コミサイトでの評価をピックアップ

受験生の子ども用に

 

男性A

昔の加湿器は手入れが大変でした。

今回受験の子供の為に、新しく購入することにしたんです。

インフルエンザは大敵なので、調べた結果クレベリン搭載の物を選びました。

いつも暖房を付けていて湿度が低かったリビングも、潤ってきて満足しています。

朝起きてものどが乾燥していないのには驚きです。

 

子供が産まれたので購入

 

女性B

産まれたばかりの赤ちゃんがいるので、風邪などの対策に買いました。

すごく静かなので、赤ちゃんが寝ていても使えます。

部屋の空気がきれいになった感じで、気持ちがいいですよ。

除菌できるのですごく安心できます。

 

部屋が広くても大丈夫

 

女性C

サーキュレーター付きなので、広い部屋でもしっかり加湿できます。

しかも静かなので夜中に使っても大丈夫です。

塩素のニオイがするのかと不安でしたが、そんなことは無かったですね。

今までは置くタイプのクレベリンを使っていましたが、広範囲をカバーできなかったんです。

長時間除菌できるしニオイも消臭してくれるので、値段が高くても元が取れそうです。

 

エアーコンディショニングシステムウェスタってどんなの?知ってほしいこと

ハイブリッド式加湿器,ウエスタ,ダイレクトテレショップ

1. クレベリンLED搭載で除菌できる

エアーコンディショニングシステムウェスタには、クレベリンLEDが搭載されています。
クレベリンLEDは、大幸薬品が開発した、家電製品などに組み込んで二酸化塩素を発生させる装置です。
二酸化塩素ガスによって、浮遊ウイルスや浮遊細菌の除去効果があることが分かっています。
また、気になる臭いを消臭して、カビの発育も抑えてくれます。

2.たっぷりミストでしっかり加湿

エアーコンディショニングシステムウェスタは、ヒーターで加熱した水に超音波振動を与えて、ミストにできます。
このミストで部屋を潤してくれるんですね。
加熱と超音波の良い所取りで、衛生面とミストの質も両立しています。

3.3つの加湿モードで居心地バツグン

加湿には3つのモードが搭載されています。
たっぷりのミストで部屋の湿度を上げる「うるおいモード」、心地いい湿度を自動で維持する「快適モード」、運転音が静かな「おやすみモード」です。

Yahoo!知恵袋や教えてgoo

小さな子供2人を育てています。 下の子は5ヶ月なので、インフルエンザや風邪にとても神経質になっています。 まだかかってはいないのですが、予防できる方法を探しています。 手洗いやうがい、マスクや消毒はこまめにしています。 空気清浄機や加湿器も使っていますが、小型の加湿器をもう一つ購入予定です。 オススメの風邪対策グッズや加湿器があれば教えてください。
うちも子供が3人います。 上の子は小学生で、一番下は1歳未満なので病気にはすごく気を使っています。 特にインフルエンザの時期は大変ですよね。 わが家の対策としては、マスク・アルコールスプレー、手につけるアルコール類の物は常備していました。 ほかにもクレベリンゲルという置いて使えるウィルス除去製品も買いましたよ。 もし、今から加湿器を買うなら、空気清浄機やウイルス除菌がついている物が良いと思います。 クレベリン搭載の物も出ているので、検討してみてはいかがでしょう。

 

どうやって使うの?エアーコンディショニングシステムウェスタの使い方

エアーコンディショニングシステムウェスタは、ボタンの操作1つで加湿や風量の調節ができます。

加湿:「うるおい」「快適」「おやすみ」の3つのモードを切り替えられます。
切りタイマーボタン:1H、2H、4Hの切タイマー設定が可能です。
風量ボタン:「ターボ」「ノーマル」「静音」の3モードに切り替えられます。
サーキュレーターボタン:上下の首振り切り替えが可能です。

加湿する時には、水タンクにきれいな常温の水道水を入れて使います。
水道水以外の水は使用しないで下さい。
また、アロマオイルやエッセンシャルオイルなどの芳香剤は、絶対に入れないようにしましょう。

※クレベリンLEDカートリッジは消耗品です。
寿命が来ると交換ランプが点灯します。
交換の目安:強モード約1ヶ月、弱モード約3ヶ月(1日8時間利用の場合)
交換用カートリッジ:クレベリンLED 交換カートリッジLED-010

▼クリックすると詳細ページへ飛びます▼

おすすめの記事